ページ上部へ戻る

明宝歴史民俗資料館

4万7千点の収蔵品を誇る明宝の歴史民俗資料館です。

資料館の様子
明宝歴史民俗資料館の管理運営を担っています。
資料館のご利用受付は、0575-87-2119へご連絡ください。

明宝歴史民俗資料館

収蔵品はおよそ47,000点。
その内、国の重要有形民俗文化財がおよそ3,500点。

戦後の物資不足の折、わが子可愛さに父親が手作りした「羽子板」が
なんと国の重要文化財に指定されています。

陳列されている品々の数は半端じゃない。
使い込まれた道具が勢ぞろい。
「唐箕(とうみ)」だけでも数多くあります。
「枡」に至っては民具愛好家の格好の研究材料ともなる逸品がひしめいています。
廊下には所せましとランプがならび、来館者のほとんどが数の多さに驚かれ、全館を念入りに探索するとなれば優に1日は要するでしょう。
弁当持参でゆっくりと、時の流れを止めてご覧になるのも一興。

昨年(2015年)秋には、谷原章介さん原田知世さん主演のテレビドラマ「三つの月」のロケ舞台ともなった、白いペンキ塗りの講堂が時代の流れを見つめています。


金子貞二先生の像

金子貞二先生の像

この資料館を設立にご尽力された、故 金子貞二先生の像が、玄関の横に建っています。
金子先生は明宝村史の編纂、また当時の村の古老から聞き書した話しをもとに、物語風に綴られた民俗書籍「奥美濃よもやま話」を執筆されたことでも有名です。

像の下には金子先生の読まれた短歌が刻まれています。

おとなへば そこはかとなく 聞こえくる
物のささやき ちちははの声

明宝歴史民俗資料館の講堂

講堂

すべて木造でつくられた昔の明方小学校講堂。
今では貴重となった手作りのガラスがはめられた窓。
長年、小学生が雑巾がけをしたであろう、ぴかぴかに磨かれた木の床。
「古き良き」を物静かに今に伝える建物です。

資料館見学会

案内員

資料館には開館中、スタッフが常駐しております。
最近では小学校の見学授業を受け入れることも多くなりました。

一見して何に使われた分からないような資料。
それをスタッフが案内し、面白く説明したことが子どもたちにはうけ、「楽しい見学授業」と評判です。

一般の方でもご案内しますので、お気軽にスタッフへお声がけください。

丸形ポスト

ポスト

今となっては珍しい「丸形ポスト」。
これを目当てに遠くから研究にこられる方もみえます。
資料館の玄関に展示しています。
手紙を入れても届きません。

民家の展示

民家の再現

昔の村民の暮らしを再現した展示コーナーがあります。
どれも実際に使われていたもの。
資料からあふれでる人の暮らしの息づかいがあります。

膨大な資料

膨大な資料

明宝歴史民俗資料館にある膨大な数の資料、およそ5万点。
すべて実際に使われたものが、寄付によって集まりました。
来館者から「訪れるたびに新しい発見があります」という感想をよくいただきます。

道具から伝わる歴史、暮らし、文化、知恵。
古ぼけ、手垢にまみれてすり減った道具たちの輝きは、
今、ぼんやりとした時代の中でより鮮明になった気がします。

明宝(めいほう)について

平成16年3月1日に郡上郡7町村が合併して郡上市が誕生しました。この明宝地域も、元は明宝村と言いました。
近世の頃、この村には12もの村がありました。元禄5年(1692)の郡中惣高定米帳によると大久角村(大久須見おおくすみ)・寒水村(かのみず)・西気良村(にしけら)・東気良村(ひがしけら)・二間手村(ふたまて)・畑佐村(はたさ)・小川村(おがわ)・漆原村(うるしはら)・奥長尾村(おくなご)・口長尾村(くちなご)・鎌部村(鎌辺かまべ)・坂本村(さかもと)とあります。
明治8年の村の合併で、大久須見村と隣村の神谷村(現郡上八幡町)が合併して大谷村(大久須見村の「大」と神谷村の「谷」を取って「大谷」とした)が、西気良村と東気良村が合併して気良村が、奥長尾村と口長尾村と漆原村と鎌辺村と坂本村が合併して奥住村(おくずみ)ができ、その他の村と併せて7つの村ができました。
明治22年には大谷村の旧神谷村は大谷を離脱し、隣村の有穂村(ありほ)と合併しましたが、大谷村(旧大久須見村)の名前はそのまま残りました。
明治30年、大谷村・寒水村・気良村・奥住村・小川村・畑佐村・二間手村が合併して奥明方村(おくみょうがた)が誕生しました。
昭和45年に奥明方村は、明方村(みょうがた)に名前を改め、その後平成4年には明宝村(めいほう)になりました。
そして今回の合併で、明宝村は長い歴史に幕を閉じ、「郡上市明宝」となりました。
 
明宝地域は自然に恵まれた山紫水明の地であり、また旧村(大谷・寒水・気良・奥住・小川・畑佐・二間手)の各地区が、それぞれの文化や特色を残しつつ、人情味あふれる地域となっています。


営業のご案内

開館時間 10:00~16:00
休館日

*定休日、冬季休館中に入館をご希望の「団体」さまは
対応できる場合がありますので、
ふる里めいほうへお問合せください。

月曜日
祝日の翌日
冬季(12月~3月)の平日
(冬季の土日祝日は開館しております)
入館料

*団体は20名以上

一般 210円 (団体 150円/1人)
学生 150円 (学生団体 50円/1人)
所在地  〒501-4303 岐阜県 郡上市 明宝気良154
地図
電話番号 (0575) 87-2119